●はじめに

●ファイナンシャルプランナーとは

●「国家資格」と「民間資格」

●AFPを取るには

●必勝勉強法・問題集編

●必勝勉強法・テキスト編

●独学は最も非効率な勉強法!?

●通信講座を受講するメリット

●FP資格を最短で取るならフォーサイトへ

●フォーサイトってホントにいいの?


受講生はどのような感想を持っているのか、あなたの目で確かめよう

通信講座の専門校としてトップの業績があり、充実した教材で合格率を伸ばしているフォーサイトですが、まだまだ知名度がイマイチなのが難点です。
「ちょっと興味はあるけど、知らない会社だから…」と受講に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。
それでは、実際に講座を受けてFP検定を受検し、見事合格した人はどのような感想を持っているのか、確かめてみませんか?
フォーサイトの教材のどんな点が有効だったか、どんなところが合格へとつながったのか、率直な意見をインターネットなどから集めてみました。

「私は今年、初めてファイナンシャルプランナー(FP)2級試験を受検し、学科、実技ともに9割を上回る高得点で合格できました。
私は現在主婦で、以前勤めていた会社も金融関係ではなかったため、出題範囲のすべてが聞いたこともないというまったくの素人状態でしたので、この結果には自分自身驚いています。
何から手をつけてよいかわからない状態でしたので、一般書籍による独学は最初から無理と考えました。主婦ですので通学も困難です。最終的にフォーサイトのCD講座を選びました。
机に座って学習するという習慣もありませんでしたので、自分の意思で勉強を始めるのが非常に億劫だったのですが、CDの場合、とりあえず再生ボタンを押すと講義が流れてくるので、気になった言葉などを本で調べたりしているうちに自然に勉強モードになってくるのが、私にとって非常に有効でした」

「フォーサイトではDVDで講義が見られるという点がとてもよかったです。しかし、今まで勉強したことのない分野だったので、始めはテキストと並行して講義を聴いていても全く着いて行けずに、ストレスを感じるほどでした。
そこで、とりあえずDVDは棚に仕舞って、まずは自分一人でテキストを勉強することにしました。そして、一通り学習した後に復習としてDVDで先生の講義を聴きました。するとその事前の学習が講義の予習となって、今度は先生の講義に着いて行くことができました。そのようにして、単元ごとに『まずは自習、そして先生』とリズミカルに学習を進めることで机に向かう前のスケジュールも立てやすくなり、効率的な知識の定着にも繋がったと思います。
また、フォーサイトのホームページから利用できる学習キットの『道場破り』も大いに活用させて頂きました。その中にはゲーム性を交えた小テスト、単語帳などもあり、テキスト勉強に疲れた時や、いま一つ勉強に身が入らない時なんかにも気軽に勉強ができてよかったです」

「2004年に社会保険労務士資格を取得しており、ダブルライセンスとしてFPを考え、3つの通信教育の中から、費用の安さでフォーサイトを選びました。
あまりに安いので、多少不安がありましたが、教材が届いたときはびっくりしました。適量のテキストと豊富なCD。この"適量"と"豊富"に不安は消え、安心感に変わりました。とくにCDでの勉強は初めてのことであり、i-podに入れ、通勤電車の中でよく聞きました。単調になりがちな通信教育には必要と感じました」

「フォーサイトを選んだ理由は、何といっても受講料の安さでした。でも内容はかなり充実しており、テキストの字が大きく色もきれいでわかりやすくまとめてあります。CDは頭に残りやすく聞き逃したらまた聞くことが出来るので、私には合っていたようです」

「『学び』の方法として、最も手頃なのは本を買い独学することですが、これだと縛りが無さ過ぎてよほど意志が強くないとうまくいかないと考えました。また、通学制のスクールの場合は、計画的に進むという点は良いのですが、夜間の授業であっても仕事の都合で出席できないことも予想され(それでも講義は先に進んでしまう)、社会人にとっては縛りが強過ぎます。その点フォーサイトの通信講座では、12回ある『確認テスト』が適度な縛りとなり、いい目標となりました。さらに計画が狂っても通学制と違い、いくらでも修正が効くこともメリットと言えます。また、DVDの講義や、ネット上の質疑応答などにより、独学の感覚はなく、私にとっては最適な学習手段でした」

 

ファイナンシャルプランナー 必勝勉強法